デリヘル 新聞 大阪市

    デリヘル, 新聞

林檎を手に持ちこちらへ視線を向ける女性

限られた広告費をどの媒体で使用するかを考え、決断することは経営者にとって重大なポイントです。大阪市ではデリヘルの広告はインターネットに掲載するというお店が大半を占めるようになりましたが、現在も依然として新聞広告が優位性を保ち続けています。特に年配の男性は、新聞広告に対して強い信頼感を持っていますから、新聞にお店の名前を掲載するだけでもブランディングになります

デリヘルに限らず様々な業種が広告媒体を新聞や雑誌からインターネットに移していますから、大阪市の新聞では広告枠を余らせていることがあります。紙の媒体は既に斜陽という二文字が似合う現状にあり、数年前、十数年前と比較して新聞広告に掲載するためのハードルは大きく下がり、意外にも安価で広告を打つことが可能です。今だからこそ新聞広告への掲載が狙い目と言えるのです。

とはいえ、新聞広告はインターネット上の広告と比較して審査が厳しい傾向にあり、何の実績やコネが無いデリヘルがいきなり広告を新聞に掲載することは決して簡単ではありません。そんな時には、大阪市のメディアに強い影響力を持つ広告代理店に相談してみましょう。新聞広告を打ちたいという希望を伝えるだけで、広告代理店が新聞社との間に入って様々な交渉を進めてくれます。